地球規模で起こる悲惨な金融危機 Wb

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国に操られている日本のTV5社

<<   作成日時 : 2009/07/04 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


米国の金融当局は2日、国内小規模銀行7行を業務停止とした。
年初来の米銀破綻件数はこれで早くも52行。
08年の米銀破綻件数は25件、07年は3件。
毎年ネズミ算のごとく破綻件数が増えていることかわかる。

先日のブログでも投稿した通り、小規模の銀行破綻は大企業の
銀行破綻同様の衝撃をもたらす。
比較的信用度の高いローンの焦げ付きが起こっている証拠だか
らだ。

こういった米銀の破綻について、日本では新聞やオンラインニ
ュースでは報じている。
しかしその一方で、TVでは全くといっていいほど報じられない。
速報で流すようなフラッシュニュースでさえ伝えない。

ご存じの方も多いだろうが、これは米国側から報道規制を敷かれ
ているためだ。
金融街の映像や専門家によるインタビューはよく報道されるが、
住宅を追い出されて、庶民が野宿やホームレスをしているような
映像については禁止命令を受けているのだろう。

これは私が先日投稿した記載の通り、日本のTVと新聞社は、
各社大小の差があるにせよ、いくらかの米国資本が入っている


新聞の場合、読まない人は多い。定期購読もしていない人も多い。
しかしTVの無い世帯はあり得ない。
いくら一人暮らしといえども老若男女TVは毎日見ている。
よって百聞より一見。TVの波及効果は計り知れない効果をもた
らすので、映像には出させないようにしているのだ。

反面、自分たちの国日本については悲観論ばかり垂れ流す。

これらの件については今回の金融危機問題だけではない。
米国作品の映画や俳優、大統領の演説、スポーツ関連も同じだ。
先日急死したポップ歌手も同様。(死んだことは売名復活になる)
米国にとって良い部分は積極的に報道し、悪い部分は極力控える
といったことを戦後ずーっとやってきている。

民主党政権下では、こういった一国に頼らない報道をお願いした
いものだ。外交についてもいえる。


 ★シティアライアンス 代表兼 「ヒルザー・ドットコム」 運営者

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国に操られている日本のTV5社 地球規模で起こる悲惨な金融危機 Wb/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる